男性とプロペシア

プロペシアのメカニズムとAGAに有効な食材

AGAという男性型脱毛症にかかると、頭頂部の髪の毛が薄くなったり、おでこの生え際が後退したりします。
プロペシアは医学的に認められている数少ないAGA治療薬の一つです。
AGAはジヒドロテストステロンという髪の毛の成長期の期間を短くしてしまう作用がある男性ホルモンが原因になります。
AGAを発症するメカニズムは男性の身体を筋肉質にしたり、集中力を高めたりする働きのある男性の身体に欠かせない男性ホルモンのテストステロンが、II型5αリダクターゼという酵素と反応することによってAGAの原因となるジヒドロテストステロンが発生するという仕組みです。
II型5αリダクターゼという酵素はAGAが発症しやすい頭頂部やおでこの生え際の毛穴から分泌されるため、自毛植毛手術で後頭部や側頭部の頭皮を髪の毛が薄くなっている部分に植え込むと、II型5αリダクターゼが分泌されないので移植後もAGAの影響を受けないメカニズムになっています。
プロペシアがAGAを治療するメカニズムは、男性の身体に欠かせないテストステロン自体を減らすのではなく、テストステロンとII型5αリダクターゼが反応するのを防ぐことによってジヒドロテストステロンを発生させないという仕組みになっています。
また、牡蠣や豚のレバー、牛肉などの食材に豊富に含まれている亜鉛もジヒドロテストステロンの発生を抑える働きをするので、野菜とバランスをとりつつ、積極的にこれらの食材を摂取するとAGAに効果があるとされています。
プロペシアによる髪の毛が発毛する効果が現れるまでには、一定の時間が必要になりますので、食生活にも気をつけつつ根気良く治療を継続することが必要となります。